monkey garage

無限の猿定理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

究極の名が相応しい!

アルティメットニッパー

タミヤの薄刃ニッパーを初めて手にした時の衝撃と感動は、それまで安物のニッパーを使い続けてきた僕にとって相当なもので、以来10年以上、同ニッパーを愛用し、現在使用しているのは実に三代目。

その間、モデラーを取り巻く環境もずいぶん変化し、痒いところに手が届く製品が次々と発売される中、切れ味の良さを謳う模型用ニッパーも増えましたが、かつて薄刃ニッパーで得た感動を超えるような代物にはまさかそうは出会えないだろうと思い込み、しばらくスルーしていました。

ところが2年程前、アルティメット(究極)の名を冠するニッパーを製造するゴッドハンド(株)の方と直接お会いし、商品を試させていただく機会があり、その「まさか」で薄刃ニッパーを超える衝撃を受け、その場で2本(!)購入させていただくことに。

よく「ヌルリ」という擬音で表現される切れ味や、美しいまでの切断面など、語るべきトコロは多々ありますが、無塗装・トップコート仕上げが圧倒的に多い僕にとって何より福音なのは、切り出したパーツの白化が驚くほど少ないこと。

決して切れ味が悪いわけではない薄刃ニッパーをメインで使っていた頃も、刃物によるゲート処理の最終工程はデザインナイフを基本としていましたが、成型色が濃色のプラ材は、良く切れるデザインナイフでも切削の際に余分な力が加わると白化を招きます。ところがアルティメットニッパーは上手く使えば白化がほとんど無く、特に直線部分は(使い慣れれば曲線部分も)ゲートをギリギリまで切り出せるので、デザインナイフによる切削工程が省ける上、白化による余分なリカバリー作業も減るので、製作ペースが大幅に向上しました。

一時は随分と入手困難な状況が続いていたようですが、最近は模型店や量販店でもボチボチ見かけるようになりました。正直、ゲート処理の手間を惜しまない方や全塗装派の方には、それほどメリットを感じられないツールかも知れませんが、パチ組み派にとっては、正に究極のニッパーだと思います。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/05(日) 22:52:40|
  2. tools
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食わず嫌いは後悔の元

二代目鬼斬

二代目鬼斬2

「模型製作」と呼べるようなカタチでプラモデルを組み始めた中学生の頃は、然程道具にこだわりを持っていなかった(というか道具に使うお金があったらキットを買っていた)ので、金属ヤスリは父親が持っていたホームセンターで売っているような5本セットの精密ヤスリを勝手に持ち出して使っていました(今でも持ってる!)が、切削性能の割に整面部が荒れるので、それを紙ヤスリ等でリカバーする時間を考えるとあまり作業効率が上がらない、というイメージを持ってしまったため、出戻り後は金属ヤスリに手を出さず、ヤスリによる切削・研磨は当て木をした紙ヤスリを使っていました。

しかし切削性を上げるため、番手の小さい(荒い)ヤスリを使っても、当然それなりに整面部が荒れるので、何かイイ道具がないか調べてみると、どうやらスジボリ堂さんの「二代目鬼斬」が良さそう。しかし当時ネットショップでは軒並み売り切れで、地方モデラーの悲哀を感じましたが、地元の行きつけの模型店にフラっと立ち寄ったら、ツール売り場に普通~に置いてありました。地方モデラー万歳。

早速試してみるとコレが正に目からウロコの切削性能。これまで使っていた金属ヤスリが切れない刃物で表面を強引に削り取るような感じだとすれば、二代目鬼斬はよく切れるデザインナイフの刃を何百本と並べ、まとめてカンナ掛けするような感じ。切削性が非常に高く、かつ「面」で切削するので、「線」で切削するデザインナイフでのカンナ掛けと違い、切削量が面に対して一定で、非常にフラットな仕上がりになります。

整面部もさすがに最終工程レベルとまではいきませんが、単目ヤスリのため切削痕も残りにくく、軽くペーパー掛けするだけで表面処理はOK。パチ組みでも面出しだけはマメにやる僕としては、作業効率がずいぶん上がりました。これまで思い込みで金属ヤスリを使わなかった期間がもったいないと思える程。

ただ、形状的に狭いところの切削には不向きなのと、切削性能が高すぎてC面・糸面出しのような細かな切削作業にも不向きなので、そこをカバーできる金属ヤスリが欲しくなる訳ですが、その話はいずれ。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/03(金) 22:27:18|
  2. tools
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正に万能!

デザインナイフ2

現在メインで二本使いしているタミヤのデザインナイフは、もう何年使っているか思い出せない程、長年愛用。
オルファのアートナイフのOEMやんけ!という話もありますが、ドッコイ軸の形状が六角形というのが肝で、キャップにも転がり防止の突起が付いていて、机上で転がりにくく、無用の落下を防ぎます。机から落として床に突き刺さるデザインナイフを見て何度も戦慄している僕にとって、転がりにくいのは重要なファクター。

ちなみに、同じタミヤのモデラーズナイフにも、転がり防止のため軸にポッチが付いています。実際、転がりにくさで言えばコチラの方が上で、実際持ってもいるんですが、大スケールより小スケールと細かい作業が大好物な僕は、どうしてもデザインナイフに手が伸びる機会が多く、ツールボックスのスタメンから戦力外通告。模型道具は大が小を兼ねないことが多いです。

なお、替刃はNTカッターの30°一択。
僕の気のせいかも知れませんが、同じ30°でもNTカッターの方が刃の角度が鋭角(つまり刃が薄い)な気がして、デカールの余白をギリギリまで切り落とすような繊細な作業の場合、使用感の差が判ります。そして何故二本使いかといえば、おろし立ての切れ味の良い刃は切削用、少し切れ味が落ちてきたら刃をもう一本と交換してカンナ掛け用、と使い分けるため。更に使い古した刃も刃先以外は切れ味が落ちていないものが多いので、貧乏性の僕は刃先をペンチなどで折り欠いて、段違いモールド作成用のツールや彫刻刀の代わりとして再利用しています。

一本で切る・削る・彫るという模型製作の基本作業を全てこなせる万能ツールですが、同時にシンプルなツールなので、買い換えを考えるほど機能面が劇的にブラッシュアップされた製品が出る可能性は低く、僕の模型ライフが続く限り、これからも長い付き合いになりそうです。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/01(水) 22:14:39|
  2. tools
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MY TOOLBOX


仕事や模型以外のプライベートを優先させると、どうしても限られてしまう製作時間を
有効に、かつ快適に使うため、良いな、と思う・聞くツールは色々と試してます。

独り黙々と製作に勤しんでいた頃は、使い勝手の良いツールに巡り合っては独り悦に
浸るという、正に自己満足の世界でしたが、ここ最近、模型関係の情報交換をする
機会が増える中、使っているツールについて聞かれることも多くなってきましたので、
もう十数年愛用しているツールから、比較的最近のツールまで、お読みいただいた方の
物欲を刺激するよう、基本推し気味に紹介していきたいと思います。

ツールボックス
  1. 2017/01/13(金) 23:33:08|
  2. tools
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HGTB FA-78-1 フルアーマーガンダム(機動戦士ガンダム サンダーボルト)


「アナザーサイドストーリー」的なガンダム作品には、あまり食指が動かなかった(キライではない)のですが、「MOONLIGHT MILE」の著者、太田垣康男氏の描くガンダムにはガツンとヤラれました。

独特の、そして過剰なまでにケレン味溢れたスタイリングが、こうも見事にキットで再現されるとは・・・イイ時代になったもんだ。

キットは相変わらずのストレート組み・部分塗装にスミ入れのみ。直線基調の連邦機なので、面出しだけはキッチリとやってます。

TB FAG001

TB FAG002

TB FAG003

TB FAG004

TB FAG005

TB FAG006

TB FAG007

TB FAG008

TB FAG009

TB FAG010

TB FAG011

TB FAG012

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/04(木) 23:54:28|
  2. finished works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。