monkey garage

無限の猿定理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RG RX-78-2 ガンダム


出戻ってからしばらくはAFVやエアモデルを中心に製作していましたが、バンダイからRGシリーズ発売のアナウンスを聞き、久しぶりに発売を心待ちにしたキット。

実際、組みながら金型技術の進歩に驚き、その後、僕がガンプラにも戻るキッカケにもなりました。

黎明期のRGだけに、最新のキットと比べると一部パーツの外れやすさなど気になるところもありますが、インストどおり組み立てれば、300円キットを組んだファースト世代には感涙のものの出来のガンダムをその手にできます。

RGG001.jpg

RGG002.jpg

RGG003.jpg

RGG004.jpg

RGG005.jpg

RGG006.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/18(月) 22:20:20|
  2. finished works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HGUC RX-77-2 ガンキャノン(REVIVE)


生まれて初めて組んだガンプラが1/144ガンキャノンだったのは、今でも鮮明に憶えています。

当時空前のガンプラブームの最中、どうにか入手できたガンプラ、という受動的セレクトでしたが、連邦のMSを手に入れたのは嬉しかったなぁ・・・今じゃすっかりジオンフェチですが、ガンキャノンには思い入れがあります。

その後HGUCの記念すべき第1号キットとしてリリースされ、ガンプラ35周年を記念したREVIVEでも第一弾としてリリース。旧HGUCは初期の名キットでしたが、REVIVEガンキャノンもスタイルのアプローチを思い切って変えた意欲作。なので賛否両論のようです。

製作は一部パーツのシャープ化と面出し以外ストレート組み。部分塗装さえしてませんがこの出来。35年前の自分に見せたら・・・と想像した時、もしかしたら当時の僕は「コレじゃない感」を持つのでは?と考えると、スタイルについての賛否の「否」の理由が何となく見えるような気も。

GC001.jpg
GC002.jpg

GC003.jpg

GC004.jpg

GC005.jpg

GC006.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/13(水) 22:44:04|
  2. finished works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HGUC MS-07B3 グフカスタム


マイ・フェイバリットMS。グフカスタムはMGで2回、このHGUCも入れると都合3回組んでます。
実は未組み立てのMGがまだ一機ストックされてたり。

MGは2回共、その時点で自分が持つ全ての技術を注ぎ込んで製作しましたが、HGUCはサクッと。
モノアイをHアイズに換えた他はほぼストレート組み、部分塗装のみ。このキットも成型色がイイ発色。

グフカスのアイコンでもある重武装のウェザリングだけ、普段より少し多めに回し・・・入れてます。

GUFC001.jpg

GUFC002.jpg

GUFC003.jpg

GUFC004.jpg

GUFC005.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/12(火) 22:34:06|
  2. finished works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HGUC MSM-04 アッガイ


普段パチ組みをメインにガンプラを組んでいると、バンダイの成型色って優秀だな~、とつくづく思います。
アッガイは初期の頃のHGUCキットですが、スミ入れ・部分塗装にトップコートしてポンと出しでイイ感じの仕上がりになりました。

アクセントに少しだけ流用デカールを。「集中と拡散」を意識するように心掛けてますが、コレが難しい・・・

AG001.jpg

AG002.jpg

AG003.jpg

AG004.jpg

AG005.jpg

AG006.jpg



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/11(月) 23:33:46|
  2. finished works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HG ガンダムバルバトス

FBだと完成報告の記事もどんどん流れてしまうので、模型関連の記事だけまとめたブログを立ち上げようと思い、とりあえず小難しいコトは考えず初めてみました。

初アップはガンダムバルバトス。
初参加の模型展示会用にウケるかな?と思い、僕としては珍しく最新のガンダムを製作。
部分塗装のパチ組みで、アンテナのシャープ化と全体の面出し以外ストレート組みです。

肩やヒザにあるマーク部分は、クレオスの蛍光ピンクをリダーダー入りの溶剤で溶いたものをスミ入れの要領で流し込みましたが、キレイに発色して良いアクセントになりました。

GB001.jpg

GB002.jpg

GB003.jpg

GB004.jpg

GB005.jpg

GB006.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/10(日) 23:10:43|
  2. finished works
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。